手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので を読めるサイトをご紹介♪

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』BookLiveコミックでどこよりも早く配信!

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

2020年3月25日配信のチンジャオ娘&小桜クマネコ共著『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』

 

目に入れても痛くないほど可愛い一人娘。

赤ちゃんのころから、命よりも大事な宝物として可愛がって育ててきたのに、自分の子ではなかったということを知って、主人公は愕然とするのです。

 

愛娘は、妻の裏切りによって生まれた子なのでした。

怒りと絶望に飲まれた主人公は、あどけない顔立ちに発育の良い肉体を持つ娘を、欲望のままに貪り始めます。

 

娘と父親は禁じられた関係になり、処女を奪い、さらにその先の深みにまでどんどん進んでいくのです。

 

めちゃめちゃエロくて面白いので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第1話『娘がただのメスになった日』ネタバレ

自慢の娘・陽葵(ひなた)は、父親にとって唯一の希望。

芸能事務所からスカウトが来るくらい可愛くて、父親にとてもよく懐いているが、どういうわけか父親と全く似ていない。

昔から「母親似」と言われ続けてきて、ただの一度だって、パパに似ているとは言われたことがなかった。

 

本当に俺の子なのか?

 

思わずそんな疑念がよぎってしまう父親。

妻は俺と付き合うほんの直前まで彼氏がいたようだし・・・

 

意を決して依頼したDNA鑑定。

結果は「親子関係0.00%」。

ショックを受けた父親の怒りと絶望は、やがて大切に育ててきた娘へと向かう。

 

発育の良い、安産型の若い肉体を貪り、娘の処女を奪ってしまう父親。

それでも父親想いの娘は、父親と親子でいることを望み、母親に隠れながら父親との交尾に明け暮れるのだった。

 

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

 

私は今、実の父におっぱいを吸われている。

すぼませたお父さんの分厚い唇が、私の乳首をにょろりと離した。

「……っん、やだっ」

ぷるっ、と赤くなった私の乳首が現れた。いまそこはお父さんの唾液で濡れて……てらてらしてるのが自分の体なのにやらしい。

「こらこら。声は出すなと言っただろう」

お父さんは手を出すと両手で私の濡れた乳首をつまんでぴんぴんとはじき出した。

「もうやだっ、やめてよ」

ぞくぞくと這い上がる不気味な感覚がお父さんへの嫌悪とつながった。逃げようと体をひねったのに、お父さんは私の乳首だけをぎゅうううとつまんでしこりあげた。

「んやああああああ!」

まるで乳首だけで吊り下げられたみたいに感じた。胸だけ突き出して私は動けなくなり、盛り上がった乳房の先っぽでこりこりになっている乳首だけを指先でこするお父さんは知らない人みたいだった。

「これくらいで……。やっぱり毎晩ならなさいとだめか」

そう言うなり、私の腫れ上がった真っ赤な乳首を再び口に含んでいった。ああ、だめ、痛いのに舐められたらそんな、

「や、あっ……あう、あふ、」

ぬとついた舌で乳首を転がされて吸われるのはもう私にははっきりと快感だった。

だめえ、お父さんなのに、これはお父さん、そう思うのに乳首はいうことを聞かない。

びりびりと痛みと快感に飛んでいると、お父さんの手が私のおまんこの割れ目をなぞってきた。

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第2話『中に出したけど親子じゃないから問題ないよな』ネタバレ

子宮の割れ目。すぼんだ唇みたいなかわいい。

今そこに俺は自分の精をちゅくちゅくと塗りこんでは指で子宮の唇を甘くぐるりと舐めた。

卑猥な形がたまらない。最後にクリに押し付けた親指、子宮の割れ目に突き当てた中指の先を同時にこりこりこりこりこりこりこりこりこり、ちこちこちこちこちこちこちこちこちこ、

「んいいいいいいいいいいいいい」

陽葵の腰が跳ねた。目玉が白目になり、まぶたがわななく。

絶頂してる。いいぞ、かわいぞ。

陽葵がいってる間もこりこりちこちこはとめてやらない。

そうしながら、脱力しきった陽葵の胸をここでようやくあらわにする。

子宮に最強に濃い男性ホルモンを受けた体は、乳首が何もしなくてもびんびんに勃起していた。

「あう、おとう、ああああああああああん」

俺に吸われすぎてぶっくりと腫れ上がっている乳首はだがまだ十代の若さのせいで形がきれいで、俺は喉をならして右の乳首に吸い付いた。

そうしながらまんこを犯していた右手で左の乳首に精を擦り付け、そのまま乳首にぬりこめるようにしこってやる。

陽葵は泣いてよがった。このえろい体。

「あううう、ふたついっしょ、ダメえええええええあああああ!!!」

がぶりと乳輪に噛みつき、膨らんだ乳首まで歯でしごく。

舌で巻き込み、また歯でしこりだし、唇で吸い付いてやる。

むちゅむちゅむちゅむちゅと乳を飲みながら俺は再び固く勃起してきた自分のちんこを陽葵のまんこのわれめにぶちあてた。

もうずるずるだ。

すげえ、手塩にかけた娘を自分の雌に仕込みなおす禁忌のこの瞬間。

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』ネタバレ

お父さんは私とやりたい時、吸い付いた乳首を離してくれないからすぐわかる。

ただ触りたい時や挨拶の時の舌使いじゃなく、ぬめった分厚い粘膜のざらつきで私の乳首のつぶをしつこくしこりとるように。

おっきい唇に私の乳首が乳輪ごと含まれて、ぢゅうっ、ちゅる、ぢゅぢゅ、とかわいがられてしまうのはたまらないの。腰が、抜ける。

「学校行く前に、いいだろ?」

靴を履いてさあ家を出ようとするとこうやって腕を引っ張られるのはたいてい決まってる。私の生理が終わってすぐの時。

お父さんが言うには、私の肌やおまんこのとこからすごく甘い匂いがぷんぷんしだすらしい。自分じゃよくわからない。

だけど、生理が終わってすぐの十代の体はきっと発情期なのだと思う。お父さんの雄臭い加齢臭におまんこもずくずくに溶けてるから。

「おとうさん……」

学校に行きたいのに。だけど、お父さんの下半身からぷんぷん漂う雄の獣臭い匂いに私の足腰もがくがくする。

どうしよう、生理終わったばかりってこれだからやだ。

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話『私、お父さんとずっと一緒にいたいから』ネタバレ

お父さんの腰つきが変わって、どつっ、どつっ、とえぐり込むように突き上げてくる。絶頂してもしてもすぐまたいかされ、私はもう体をお父さんの好きにさせるしか出来ない。

床に組み敷かれ、乳首を激しく噛みつかれて吸い上げられながらお父さんの亀頭は私の子宮の甘い窄まりをさらになめなめしてきた。

 

「う、うおおお、いく、のめ、のめ!!」

 

びしゃあああ、と、熱いものがびくつくお父さんのちんちんから吹き出してるのがいっちゃってるお腹でもわかった。

 

お父さんは中に出しながらもちんちんを出し入れするから、零れる精液で私のおまんこやお尻、お父さんのお腹はぐちゃぐちゃでべたべたになる。

私の下生えに絡んだヨーグルトみたいな精液を指で掬うと、お父さんは私の唇を押し割って舌に塗りつけてきた。

「ん、ぐ……」

なまあったかい、ぬるついた苦い味……

 
ぶりゅ、とちんちんを抜かれても、わたしの子宮はまだ電気がついたみたいにびりびりしてる。もっと気持ちよくなりたい、1日中ちゅっちゅされて、男の濃い精液漬けにされていたい。

顔つきに出てたのか、お父さんは玄関の鍵を閉めて笑った。

 

「今日は学校、やすめ。もっと、もっと気持ちよくしてやる、1日中ちゅっちゃしてやる」

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』ネタバレ

お父さんが腰を動かすたびにそこに巣くっているみみずも頭の先っぽから根元まで私のおまんこにぐちゃぐちゃと出入りする。

指なんかの感覚の比じゃなかった。きつくねじれ、閉じていた私のおまんこの奥がみみずでこじあけられて広がっていく。

濡れすぎていたせいで痛みよりも違和感が、乳首を吸われていたせいで恐怖よりも快感が勝った。

しびれてきたのかおまんこが慣れてきたのか、みみずのつるっとした頭がごろごろと擦り付けられるお腹の奥が切なくなってたまらない。

「あううう、おしっこ、おしっこいきたいよお、おとうさ、おしっこおおお」

私は泣きながらまだ乳首を離してくれないお父さんの頭を抱いてねだった。

なのにおとうさんはみみずを抜いてくれない。

ごりゅん、とみみずの頭を私の一番切ない場所にぶつけて顔をあげると、両手の指で私の乳首をひねりあげてこりこりこりこりとつぶ、つぶし、

「うほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお♡」

切ないとこがぎゅうと縮んだ。

あう、みみずがびくびくしてるう♡。やらしい、あああ♡ 

 乳首を激しくしこらてる間絶頂がつづいて私は声を上げ続けた。だめえ、おっぱい、これ、おまんこをみみずで犯されて、おっぱいされたらだめえ、おとうさんんんん♡

「あ……♡あう……♡」

 

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第6話『妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々』ネタバレ

おまんこの奥の、もっといいとこ、舐め舐めしてあげようか? お父さんのおちんちん、今すごく固いから、お前の中めちゃくちゃ、ちゅっちゃしてやる

おまんこも、クリも、子宮のぷりぷりのお口にもふかあいフレンチキスで、とろっとろのぐじゅぐじゅに、ちゅう、してあげる、よ

そう囁かれてもうだめだった。

「して、……なめなめ、して、おとうさん……」

はいていたハーフパンツをちんこのとこだけむき出しにすると、お父さんの使い込みすぎで真っ赤に膨れ上がった亀頭がびくびくしながらはじけ出た。

パンツを後ろから太もものところまで下げられる。

「……もう溶けきってる、生理の後ってのは凄いな……」

そんな事を呟きながら、お父さんのお化けみたいなちんちんが私のおまんこのひだを押し割って入って……

「……んあああ…!!!」

亀頭のでっかい肉の塊が、ああ、擦って、ああ、すぐにつぶつぶの竿が私のおまんこの肉を楽しみながら揉みこんでくる、

「ふ、んっ、」

ぷちゅうっ、と、果物みたいなお父さんの亀頭の先が私の子宮の唇に口付けた。口付けたまま、そのまままだまだ押し込んで、ああん、すぼまりに亀頭の先が、溶け込んではい、入っちゃうよぅ、

子宮のここは生理の後は一番敏感なのをお父さんはもう知ってる。窄まったさらに奥、そこに腰を揺らして亀頭を、あ、ああん!!

「………!!」

子宮から、お腹に、頭に、だるさと気持ちよさが弾けていく。

またいっちゃった、

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 関連記事一覧

>>手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので1話ネタバレ

>>手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 2話ネタバレ

>>手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話ネタバレ

>>手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 4話ネタバレ

>>手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話ネタバレ

>>手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのではどこで読める?

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がどこよりも早く読めるのがBookLiveコミックです。

 

BookLiveコミックは、ガラケー時代からある老舗の電子書籍サイト。

 

エロ漫画・アダルトコミックも豊富に取り揃えています!

 

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』を制作する大人気エロ同人サークル「チンジャオ娘」の作品は、毎回BookLiveコミックでいち早く配信されます!!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでのあらすじ

もし自分の大事に育ててきた娘が、実の子ではないとわかってしまったら・・・

 

ある日、男は、小さな頃から大事に大事に可愛がってきた我が娘が、自分の本当の子供ではないということを知ってしまいます。

 

娘だと思っていた少女は、妻が他の男と作った子供だったのです。

 

愕然となる父親。

 

そしてこう考えるのです。

 

「娘じゃなくて赤の他人なら・・・ヤっちまえ!!!」

 

正直なところ、すくすくと成長していく発育の良い娘にムラムラすることのあった父親。

 

赤の他人とわかった今、抑えていた衝動が爆発します。

 

 

少女は父親と思っていた男に処女を奪われ、ショック。

 

父親だと思っていたのに、父親ではないらしい。

 

じゃあ誰なのか。

 

最初は戸惑っていたその男とのセックスも、何度もペニスを挿れられるうちに、だんだんよくなってくるのです。

 

男とのプレイは加速度を増していき、禁じられた一線をどんどんこえて、やがて少女は自ら男を求めるようになっていきます。

登場人物

男:娘が自分の子供じゃないと知って愕然とし、少女の処女を奪う

娘:名前は陽葵。父親と思っていた男に処女を奪われる

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!